そのままだと追突されます!!(ブレーキランプ)

2018.04.19 Thursday

皆様、毎度です嬉しいグッド

 

ぽかぽか陽気だったり、突然の雨で急に寒くなったりしてましたが、

 

ちょっと安定してきましたね〜太陽太陽 というか暑いです( ノД`)シクシク…

 

さてさて、今回は・・・ そのままだと追突されます!!という事で、

 

ブレーキランプについてお話おば見る

 

普段、仕事やプライベートで道を歩いたり車を運転したりしていると、

 

結構な頻繁でブレーキランプが点灯していない車をよく見かけます。

 

2016-02-09-017 ブレーキ.jpg

 

自分が運転している車だとは中々気づかないとこですよね〜しょんぼり

 

一部の車種では、メーターエマージェンシーで知らせてくれる車もあるんですが、、、

 

一番よく見かけるのが片側が切れているパターンで、夜間だと車の大きさ(車幅等)が分かりにくくなるので

 

追突される確率が大幅に上がります!!

 

因みにブレーキランプの球が左右同時に切れている場合は、サイドブレーキ(!)の警告灯や

 

ABSの警告灯が常に点灯となり、運転者に異常を知らせてくれるようになっています。

 

ブレーキ掛けましたよ〜の合図はきっちりとですね楽しい拍手

 

 

 

 

プシュプシュパシューン

2018.04.14 Saturday

お久しぶりです。いっしゃんです。

 

だいぶ気候も良くなり過ごしやすくなりました。

 

天気が良く暖かい日(暑い日?)などは

 

窓を開けての爽やかなドライブなども気持ち良いものです。

 

 

プシュプシュ、パシューンとかシュー、バシャとか大型トラックの

 

エア制御の音を聞いたことはおありでしょうか。ひとむかし前は

 

「東京ピーヒャララ」なるものもはやりました。

 

元々は、主にブレーキ制御の為に(俗にいうエアブレーキ)、エアを

 

使っていましたが、今日ではエアサスペンション、キャビンサスペンション、

 

更にはトランスミッションの変速制御に駐車ブレーキ(ホイールパーク)、

 

それらを制御する電磁バルブ、その他諸々にと多様に使用されるようになって

 

きました。

 

 

大型車もオートマ(?)が増えて、乗務員さんの負担もかなり減ってきている

 

との事です。この大型車のオートマ(プロシフト、エスコット等メーカーによって

 

名前があります。)ですが、ミッション自体は以前のマニュアルミッションとほとんど

 

同じで、.ラッチを踏んで▲轡侫肇譽弌爾妊ヤを入れてクラッチをつないで・・・

 

という一連の動作を「くるま」が勝手にやってくれます。乗用車(ATやCVTなど)とは

 

少し違うオートマです。

 

 

続きは次回にて!

車を長く乗る秘訣

2018.04.06 Friday

こんにちわ(*´▽`*)

カチョーです!!

 

 

 

 

桜がきれいですね♪

私も先週末に万博公園で

お花見としてきました( *´艸`)

 

イベント開催もあり駐車場に止めるのに

一苦労でした(;´∀`)

 

 

 

 

さてさて、

 

 

今回はざっくり、、

 

車に長く乗る為には普段

何をすればいいかをかこうかなと♪

 

 

 

毎回車検を受けているだけでは

足りない部分もあります(;´・ω・)

 

 

 

では何に気を付ければいいのでしょうか、、

 

 

 

 

まずはエンジンオイルのこまめな交換です(^^)/

 

これをするだけで、エンジンの寿命が

だいぶ変わると思います

軽自動車やディーゼル車は特に気を付ければ

エンジンオイルの異常な消耗や

そこからくる異音等もかなり

変わってきます

 

 

 

実際、エンジンオイルを交換するとき、

同じ車、〃ような走行距離でも、

しっかりエンジンオイルを

交換されてる車と、されてない車では

オイルの抜ける量に明らかな違いが出ます。

 

 

使用状況にもよりますが

酷い場合は50,000km程で

違いがすぐ分かるようになる

事もあります。

 

 

 

 

エンジンオイルの交換に

 

「早すぎる」

 

ということはないです。

 

 

「これから忙しくなるし、

車もかなり使うなー」

 

という場合、後回しにして

交換時期を超過し、エンジンに負担をかける前に

交換をすることをお薦めします(*´▽`*)

 

 

 

エンジンオイルの交換は

 

・距離

・時期

 

です♪

 

 

なにかご数段があればいつでも♪

 

 

ではでは!!

らくらく操作(パワーステアリング)

2018.03.28 Wednesday

皆様毎度です楽しいグッド

 

桜満開さくらさくらさくら 一気に春満開ですね〜太陽太陽

 

しかし我々は肉体労働ですので、この季節の気温は・・・すでに暑いです暑い暑い暑い

 

さてさて、今回のお題は・・・

 

らくらく操作(パワーステアリング)についてお話おば見る

 

皆様はパワーステアリングが付いていない車をお乗りになった事はございますか???

 

ハンドルを切る度に結構な力が要りますよねぇ〜汗汗(通称重ステとかリキステとかいいますw)

 

確かに車を操るに関してはダイレクトな手応えがあって良いのですが・・・

 

女性や高齢な方にはキツくてストレスになりますね〜しょんぼりしょんぼりしょんぼり

 

何とかならんかな~って、開発されたのが機械を使って補助するパワーステアリング機構が登場(`・ω・´)シャキーン

 

B350_007パワステ.gif1163033 電動パワステ.jpg

油圧を発生させてその圧力で補助する方式(油圧式)

 

モーターの力を使って補助する方式(電動式)

 

の2種類があります。

 

一昔前は油圧式が主流でしたが、油圧ポンプをエンジンで回す為機械的エネルギー損失があるのと

 

オイルライン等の部品数が多くなる(重量増加)為、

 

近年では電動式が主流となっています。

 

電動式ってあまり良くないというイメージがありまして・・・

 

初期の電動式は極端に軽すぎる(補助が強すぎ) ハンドルが思った以上に切れてしまう、

 

モーターが壊れて突然ハンドルが重くなる等、トラブルが多かった様に思います。

 

しかし近年のものは、モーターの高耐久性、小型軽量なものが開発されて、

 

油圧式よりも部品数が少なく省スペースで装備出来る為、

 

多くのメーカーが採用しています。

 

・・・余談ですが、パワステ付の車・・・あえてパワステを効かなくして乗ってみると

 

とんでもなく重いです!!!!びっくりびっくりびっくりびっくりびっくり

 

 

 

フルフラットシートとベッド

2018.03.23 Friday

ご無沙汰しております。いっしゃんです。

 

少し暖かくなってきたかなと思えば、また真冬に逆戻り。

 

身体に堪える日々が続きますね。

 

とは言え街中にも桜がチラホラ咲き出して、いよいよ春の訪れです。

 

気候も良くなり春の行楽シーズン、ゴールデンウィークと愛車で

 

お出かけする機会も増えてくるかと思います。

 

私も若かりし頃は夜中に交代で運転しながら遠方まで遊びに出かけたものです。

 

当時はまだ座席がフルフラットになるならないで自慢したりしてましたが、

 

近年ではフルフラットにしての仮眠もできなくなってしまいました。

 

(シートベルトしててもだめだそうです。)

 

 

さてさて、それではキャンピングカーのベッドはどうなのでしょうか。

 

基本、現地に到着後の使用(?)が目的の為、走行中は使用出来ません。


走行中にベッドを使用できるのは救急車等の限られた車両だけだそうです。

 

 

私も子どもが小さい時は後部座席で勝手に寝られてヒヤヒヤしたものです。

 

お巡りさんに見つかったらどーすんねん!(が、子どもは理解してくれない。)

 

くれぐれも走行中は気をつけましょう。

 

 

余談ですが去年ぐらいから進行方向に対して横向きの座席もダメになりました。

 

(現行登録車は大丈夫です。)

 

 

あれやこれやと途中で法令が増えたり変わったりでややこしい時代になりました。

 

 

 

 

 

ネットサーフィンを楽しんでたら恐怖な書き込み

2018.03.14 Wednesday

こんにちわ(*´▽`*)

カチョーです!!

 

 

 

 

今週に入り寒さがかなり落ち着き

外出日和だなー(*'▽')

と感じてます♪

 

来週は旅行に行くので

週末は最近サボっていた

洗車でもしようかな、、

 

と考えています( *´艸`)

 

 

 

 

さてさて、先日までの寒さのせいで

引きこもりがちだったカチョーですが

引きこもりながらTwiterという現代人の

ツールを眺めていました(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

すると、、、

 

 

 

 

 

「女性の方は軽自動車だから軽油を入れるもの!!」

 

 

 

と勘違いされてることが結構あるとの事、、

 

 

 

確かに"軽"油ですもんね、、

 

 

 

これは女性だけでなく、

普段普通車に乗っている方でも

知らない場合があると思っています。。

 

 

 

 

一般的に取れたての原油から気化させて

沸点の違いで細かく原油やガソリン、灯油などに

わかれます

 

 

 

もとは同じものです。

 

 

 

ですが原油とガソリンでは性質がまるで違います。

 

 

 

 

軽油→ディーゼルエンジン車

ガソリン→普通のエンジン

 

 

とざっくりとこんな感じでエンジンの種類で

使うガソリンが変わるという事です。

 

 

 

前回のまいどのおっさんの記事に

絡めて書くとこんな感じですね♪

 

 

 

ガソリンはガソリンで

レギュラーとハイオク

があります。

 

 

わからなければ相談に来てください♪

 

 

 

 

ちなみにレギュラーとハイオクの違いは

オクタン価と呼ばれる数値の違いなんです(^^)/

 

 

 

 

まぁまぁ詳しく聞きたい方、気になる方は

ネットサーf。。。

 

 

是非協栄自動車めでおいで下さいな♪

 

 

 

ではでは!!

エンジンのお仕事って?

2018.03.07 Wednesday

皆様、毎度です男グッド

 

あったかくなったと思えば急に冷え込んだりとこの時期の気温はちょっと安定しませんね〜しょんぼりしょんぼりしょんぼり

 

温度差で体がおかしくなりそうです悲しい悲しい悲しい

 

さてさて、今回は・・・エンジンのお仕事って事で、チェックON見る見る見る

 

ガソリンエンジンやディーゼルエンジンは始動している時、

 

吸入→圧縮→燃焼→排気 このサイクルで動いています。

 

<ガソリンエンジン>

b59da694e8794a90214e1c1ceb0a3dae-1024x411 行程2.jpg

<ディーゼルエンジン>

engine002 行程.gif

結構単純な動作ですけど、実際はアイドリング状態で1分間に700回から1000回、

 

走行中は1分間に3000〜6000回このサイクルを繰り返してるんです!!

 

バイクのエンジンやF-1のエンジン等は、1分間に10000回以上回ったりしますびっくりびっくりびっくり

 

こんな状況で動いてる時に、ぽんって部品が壊れた・・・っとなると

 

ああ、世にも恐ろしいですね〜冷や汗冷や汗冷や汗

 

予期せぬトラブルを未然に防ぐ為にも、エンジンオイル等しっかり点検、整備する事

 

運転する前の簡単な日常チェックを行いましょう!!!楽しい拍手拍手

 

 

 

 

ブラックアイスバーン

2018.02.28 Wednesday

お久しぶりです。

いっしゃんです。

 

寒さもだいぶやわらいできましたが朝夕の冷え込みは

 

まだまだ厳しいモノがありますね。

 

積雪や路面凍結にヒヤヒヤする事も無くなってくるかと思いますが

 

  ”ブラックアイスバーン”

 

                  というのをご存知でしょうか?

 

ネット等でもみかける事があるかと思いますが、【パッと見はタダの濡れた路面。

 

しかしながら実際はツルンツルンの鏡面アイスバーン】という曲者です。

 

通常のアイスバーンは、踏み固められた積雪等が凍結しタイヤで削られてツルツルに

 

なる場合が多いですそれでも多少は凸凹があります。

 

ブラックアイスバーンは一度溶けた雪や路面に含まれる水分が凍結するので、整備したての

 

スケートリンクのような鏡面に仕上がります。しかも近年の放射冷却により日中太陽が昇っても

 

路面温度が上がらない為、なかなか溶けてくれない。しかも路面は運転者から見ると(歩行者でも

 

ほぼ同じらしいです)ふつうの濡れた路面に見えます。

 

「太陽が昇って凍ってるの溶けた。」と思って油断してると・・・エライめに会います。

 

 

なにを隠そう私も若かりし頃(30年くらい前かなあ)長野にスキーに行った時、友人がインテグラで

 

ダブルアクセルをかましました(さすがにジャンプはしてませんが)。幸い大事には至らず後の話で

 

「後ろの車ビックリしたやろな」とか言ってますが、一番ビックリしたのは横でウトウトしていた

 

”私”に違いありません。

 

厳しい寒さのドライブ、濡れてるだけの路面に見えても実は・・・という事も!

 

ブラックアイスバーン、頭の片隅にでもいれておいていただければ幸いです。

 

(ちなみにブラックアイスバーンのほうが路面抵抗はかなり低く、スタッドレスでも制動距離は

 かなり長くなるとの事。油断大敵です。)

 

それでは、またの機会に!!

 

 

 

 

息を吸い込みます(*'▽')

2018.02.21 Wednesday

こんにちわ(*´▽`*)

カチョーです!!

 

 

最近マイカーの車高とショックの長さに

不満を感じてる今日この頃です( ゚Д゚)

がたがたごとごとが酷くて、、、

また調整しなおさないとですね(;´・ω・)

 

 

では、、

本日のテーマはずばり!!

 

「エアクリーナーフィルター」

 

です♪

 

 

冒頭で足回りのことを話して

またこいつ足回りのこと書くんかよ、、

って思わせてからのエンジン関係です(*'▽')

 

 

 

なんでこれについて書こうと思ったかと言うと、、

最近工場にマフラーがいっぱいあって

そこからの派生ですかね??(・.・;)

 

 

 

エンジンを動かすにはガソリンだけでは

ダメなんです!!

ガソリンと空気の混合気を

圧縮と点火によって爆発させることで

エンジンが動きます♪

 

ディーゼル車も爆発の仕組みに違いがありますが

空気が大事なことは同じです(^^)/

 

 

 

ここで何でもかんでも空気を吸い込むと

空気中に混じったゴミや粉塵が

ピストンやシリンダーを傷つける為

空気吸入入り口付近に

エアクリーナーフィルター(表現はいろいろあります)が

取り付けられて、吸入空気のゴミなどを取ります

 

 

このエアクリーナーフィルター(以下エアクリ)

を目の粗い物に取り換えるとどうなるでしょう、、( *´艸`)

 

 

まずメリットです♪

・吸気抵抗が減ることでレスポンスの向上

・高回転域でのトルクが増える

・吸気音がかっこよくなる!

 

 

ですがデメリットもあります、、

・目が粗いので粉塵も吸いやすくなるので

エンジン寿命の低下

・低速トルクが弱くなる

 

 

 

うーーーん、、、

純正のエアクリは車のパワーバランスや燃費を考えて

バランスよく設計されている感じですね。

使用環境や好みによるという事です(*^_^*)

僕はレースをするわけではなく、普通に使うだけなので

純正エアクリを使ってます。

 

 

 

 

エアコンのフィルターと同じように清掃は可能です

ですが、やはり汚れはどんどん溜まっていくので

定期的な交換をお薦めします(=゚ω゚)ノ

 

 

エアクリが汚れていくとどうなるか。

・十分な空気が吸入できずパワー低下、レスポンス悪化

・空気が吸えないので最悪エンジンがかからなかったりエンスト

・O2センサの故障

 

等があげられます。

 

 

 

今の車は、空気の吸入量をセンサで感知して、

それに見合った燃料を噴出するので、

エアクリがちょっと詰まったから、すぐエンスト

などの症状は見られないです。

 

 

ですが、放っておくとO2センサが壊れて

余計なお金がかかったりします。。。

 

そうならないためにも定期的な点検、清掃、交換

は必要ですね(;´Д`)

 

 

エアクリ最近変えてないや、

と言う方や

変えてから結構走ってんけどいけるかな?

って方は是非お持ち込み下さい♪

 

 

 

吸入と言えば排気!

次回はマフラーについて書きますか♪

 

 

 

 

ではでは!!

車と車のコミュニケーション。

2018.02.15 Thursday

皆様、毎度です楽しいグッド

 

いよいよ冬季オリンピックが始まりました!!〜オリンピック

 

冬の寒い中、熱い戦いが繰り広げられる・・・ 興奮しますねぇ〜興奮

 

頑張れ!! ニッポン!!日の丸日の丸日の丸

 

さてさて、今回は車と車のコミュニケーション・・・についてちょっとお話おば見る

 

車を運転するにあたって、車を動かすという事は当然ですが・・・

 

その動きを周りに情報として知らせるという操作、これはかなり重要ですよね!!!

 

真っ先に思いつくのがランプ類(灯火装置)!!

 

曲がりますよ〜の合図がウィンカーであったり、ブレーキ踏みました〜ではブレーキランプが付いたり、

 

後退します〜とかですとバックランプ点灯、車によってはブザーが鳴ったり・・・と

 

極々当たり前な操作で、周りにアピールしてるわけです。

 

そんな中、皆様は「ありがとう!」の合図で「サンキューハザード」というのはご存知だと思います。

 

hazard-sign-02.jpg

渋滞の割込みで、譲ってくれた車両にぱぱっと感謝の意を込めて・・・

 

譲った方も気分を害しませんね嬉しい

 

ところがです。この行為が違法なんじゃない?という意見があります。

 

確かにハザードランプは「非常点滅表示灯」といって、故障等で駐車する場合に

 

点灯させる装置であって、それ以外はむやみに点灯させてはいけないって事になってますが・・・

 

サンキューハザードをしなくてトラブルになったというケースもあるとの意見もあります。

 

何でしょうかね〜常識の範囲ってのはどこまで許されるのでしょうか・・・しょんぼりしょんぼりしょんぼり

 

 

 

 

 

 

協栄自動車工業所Webサイト

お問い合わせはこちら

calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
new entry
category
archives
recent comment
profile
search
mobile
qrcode

RSS1.0Atom0.3

Copyright (C) KYOEI Motor Factory Corporation

(有)協栄自動車工業所