まさかの切符

2019.03.20 Wednesday

皆さんこんにちわ(*´▽`*)

カチョーです!!!

 

 

 

あっという間に三月も後半に入りましたね♪

 

 

来月の終わりから10連休があります。

 

 

陸運局もその時期は締まっています。

連休前は混雑が予想されます。

車検のご予約はお早めに(^^)/

 

 

 

 

さてさて

皆さんのお車には

 

 

「三角表示板」

 

 

がありますか??

 

 

以前、発炎筒の使い方のブログを

書きましたが、発炎筒は車を購入時

についてきます。

 

というか車検に必須用品ですね♪

 

 

 

では三角板はどうなのか?

 

 

車検の時にあってもなくても

特に関係ありません。

 

 

「じゃあいらんやーん」

 

 

なんて思いますよね?

 

 

僕もそう思ってました。

 

 

 

ですが、とある運送会社さんで

三角表示板がなくて切符を切られた

という事を聞きました。

 

 

車検には通るのに切符は切られる。。。

 

 

 

もしもの事故や故障でまさかの切符を切られる。。。

 

 

 

安全のためにも、一家に一台!

 

三角表示板

 

ぜひどうぞ!

 

 

ではでは!!

スムーズに回転するのに必ず!

2019.03.07 Thursday

皆様、毎度です(^^)/

 

3月に入り日中は少し暖かくなって・・・あ、寒い日もありますね(´・ω・`)

 

しかしながら私は・・・絶賛花粉症爆裂しております( ノД`)シクシク…

 

さてさて今回は・・・スムーズに回転するのに必ず! という事で、ベアリングのお話おば(/・ω・)/

 

そもそもベアリングとは??

 

皆様も一度は触った事がある一番解りやすいグッズで・・・

 

ベアリング59218059e878b170d09652d64b034f06.jpg

ご存知ハンドスピナーですw

 

少しの力で、長ーーーいこと回りますよね?

 

この回転する真ん中に、ベアリングという物が使われています。

 

それはこんなやつです(/・ω・)/

 

ベアリングimg03.jpg

金属の輪の中に無数の球や丸い棒等が入っていて、

 

一見複雑な構造になってますが、球や棒は表面が超精密に仕上げられていて

 

摩擦による抵抗が少なく、スムーズな回転を支える部品なんです(^^)/

 

ハンドスピナーだけでなく、有りと有らゆる回転する物に使われていて、

 

勿論クルマにも沢山のベアリングが使われています。

 

用途によってメンテナンスフリーなものもありますが、

 

クルマに関しては、メンテナンスが必要なベアリングが使われていて

 

怠ると摩擦抵抗が増大、燃費が悪くなったりはたまた回転出来なくなって

 

大事故につながる場合もあります。

 

ベアリングが悪くなると、前兆が必ず伴いますので

 

おかしいな?と思ったら、すぐに点検しましょう!!!(^^)!

 

 

 

通りたくない道2

2019.02.26 Tuesday

ご無沙汰をしております。いっしゃんです。

 

前回に引き続き、山陽道上り備前付近でのアクシデントです。

 

 

暑い季節だったので多分、お盆休みの頃だと思います。

 

突然、車がガタガタと振動しだしたかと思えば

 

何と””バスン””という音と共に右後輪がロック!!

 

顔を引きつらせて、歯をくいしばりながら何とか

 

少し広い路肩まで・・・今度は何が起こった???

 

 

車から降りてよく見ると(よく見なくても分かりますが)・・・

 

右後輪のタイヤが・・・表面がめくり上がり、

 

リヤスプリングとフレームに絡みついてるではありませんか!

 

その時にサイドブレーキワイヤーも一緒に締め上げたみたいで

 

結果として高速走行中に右だけ思いっきりサイドブレーキが

 

かかってしまったのです。

 

そりゃ顔もひきつります。

 

 

何とか絡まったタイヤ(?)を外して、スペアタイヤと交換。

 

「よし、これで帰れる!」と、思ったのですが・・・

 

 

どうも車速センサーも壊れたみたいですね。

 

スピードメーター動かない、オーバードライブ使えない、

 

仕方がないので高速下りて一般道で大阪まで・・・。

 

 

時間はかかりましたが、途中須磨の辺りで花火が見えました。

 

 

 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます♪

2019.01.07 Monday

明けましておめでとうございます。
昨年中は格別のご用命を賜り厚く御礼申し上げます。
本年もよろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。

皆様、年末年始はどのように過ごされましたか??

家でまった〜り過ごした方も居れば、愛車で激走された方もいらっしゃると思います(*´▽`*)
弊社は12/30〜1/6までお休みを頂きましたが1/7から営業を開始していますので

お車に何かあれば、ぜひご連絡ください♪


ではでは、先ほども申し上げましたが、本年もなにとぞよろしくお願い致します。

 

 

協栄スタッフ 一同

 

 

 

 

では本日のブログを更新します!

 

こんにちわ(*´▽`*)

カチョーです!!

 

 

皆さん年末年始はお出かけしましたか?

お出かけで車を使われた方。

 

当店は本日より通常営業ですので

気軽にご連絡ください♪

 

 

 

今日書く内容は、豆知識でも小ネタでも

何でもなく、ただただカチョーの車の

現在の状況をお伝えしようかなー

ってブログです。

 

 

 

以前にブログで車高調を付けてると話しました。

ほんとはダメなのですがどうしてもリヤの

車高が下がりきらなかった為、ショックの全長を

短くして無理やり下げてたわけです。

 

 

 

ショックはノーマルでダウンサス入れてる。

だからショックの長さが合わないよー

の逆のようなことが起きてました

 

 

そうです。

車高調の意味が全くないです(笑)

 

 

 

ということで、年末年始は人がぎょーさん乗るんで

年末に急いで前後のばね交換しました(*'▽')

 

 

後ろの話やのになんで前も??

 

って思いました??

 

実はばねが柔らかすぎて車が跳ねたときに

タイヤがガシガシ当たるんです(-_-;)

 

後ろもフルバンプさせるとタイヤハウスにめり込む、、、

 

 

 

ということでリフレッシュとしては二つ

 

 

1.フロントの車高は下げ幅に余裕があったので

           長さは変えずに固く

2.リヤは車高も下がってないし柔らかいので

           長さは短く、固く

 

 

ということをしました。

 

 

 

 

結果。

 

 

ショックの底付きはなくなりました。

でも固くなった分、通常走行だとどうしても

しんどいなーという印象です!!

 

同乗者の話では

 

以前より底付きがなくなった分

乗りやすくなった

ごとごとする!

等に分かれました

 

 

足回りは奥が深いですね〜

 

 

ヘルパースプリングとなるものも試してみたり

タイヤをインチダウンしたり

ばねもう1セット新調したり

そもそもショックを変えてみたり

やってみたいことは山ほどあります(´∀`*)ウフフ

 

 

快適お買い物カーを目指して日々頭を悩ませ続けます♪

 

 

ではでは!!!

 

 

 

車速センサーって?

2018.12.05 Wednesday

皆様、毎度です('◇')ゞ

 

2018年12月・・・ 平成最後の12月ですね〜

 

気温差がとても激しく、体がびっくりしてます(私個人の感想は・・・暑いです(-_-;))

 

さてさて今回は、車速センサーって? 車の車速センサーについてお話おば(/・ω・)/

 

車速センサーとは、文字通り車の速度を電気信号に変えるセンサーです。

TS3K0019-1 ホイールセンサー.jpg

原理としては・・・

image20070801 パルスセンサー.jpg

一定の距離に永久磁石を置いて、歯車を近づけて回すと

 

歯車の山と谷を通過する時、磁界が変化続けます。

 

そこに銅線を巻いた筒(コイル)と金属の棒を歯車と磁石の間に置いて回すと、

 

電気が発生します。(誘導起電力)

 

この発生した電気は、ON/OFFを繰り返した信号として出てくるわけです。

 

ON/OFFの信号の速さをコンピューターが演算して、速度として出力しています。

 

車にはスピードメーター用とABS用とあり、スピードメーター用は変速機部から、

 

ABS用は各車輪にセンサーがあり、それぞれ車輪の回転速度を検知しています。

 

よほどの事では故障しませんが、異常あった場合は異常メッセージがメーターに

 

表示されますので、その際はお早目の点検・修理をしましょう!!(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通りたくない道

2018.11.14 Wednesday

ご無沙汰をしております。いっしゃんです。

 

長い間車に乗ってると色々な事がありますよね。

 

それも楽しい事ばかりなら良いのですが、そうとばかりには

 

なかなかいきません。

 

 

この道、できたら通りたくない!

 

以前に怖い思いをしたとかの理由であまり通りたくない道とかって

 

無いですか?

 

私、実は山陽道の備前付近と相性(?)が良くないらしく

 

二度ほど怖い目に遭いました。

 

それも何故か大阪方面に向いて走っている時、しかも必ず僕の実家(徳島県)を

 

出て瀬戸大橋を渡って嫁さんの祖父母宅(倉敷市)に立ち寄るルートを取った時、

 

なおかつ嫁さんが助手席に乗っている時でした。

 

 

一度目は・・・

 

 

雨降りの夕方、倉敷を出発し大阪へと家路を急いでいました。

 

ただ一週間ほど前から”チリチリ”という小さな音が気になってはいたのですが

 

これといった異常も見当たらず、何か悶々とした気分で運転していました。

 

そしてもうすぐ備前ICという辺りで・・・

 

いきなりハンドルがドンと重くなりメーターパネルのランプが点灯!!!

 

そうです、なんと高速道路走行中にエンジンストップしてしまいました。

 

雨降りとはいえ、そこそこのスピードは出ていました。(ナイショ)

 

歯を食いしばりながら必死でブレーキをかけながら(全然止まらないですけど)

 

何とか路肩の広い所まで・・・。

 

しかしエンジン再始動せず。かかる気配もない!!

 

仕方が無いので車を診ていると、何か漏れてる気が?

 

冷却水でした。オーバーヒートはさせてないし・・・???

 

最初、何が何だか分かりませんでした。

 

 

どうもウォーターポンプが焼き付いてタイミングベルトが切れた模様(トヨタの

 

3SなのでW/Pはタイベルで駆動)。そりゃエンジンかかりません!

 

あの”チリチリ音はW/Pの音だったのです。

 

 

にっちもさっちもいかずJAFのお世話に。その後岡山から新幹線での帰宅となりました。

 

「二度とあんな道走るか」と、誓った日でした。

 

 

二度目の恐怖はまた次回

 

 

 

 

 

あの違和感

2018.10.19 Friday

皆さんこんにちわ(*´▽`*)

カチョーです!!

 

 

 

 

朝晩は少し肌寒くなりましたねー

ということは、、

紅葉の季節が近づいてきた!

という事ですね♪

 

 

今年も秋の色付きを感じながら

団子を食べようかと思います(*´▽`*)

 

 

 

 

 

さてさて、、

皆さんは車のアクセルを踏むとき

 

違和感を感じませんか??

 

 

 

なんかもたつく。。

ワンテンポ遅く吹けあがる。。

 

 

 

 

まずアクセルを踏むとスロットルボディー内にあるバルブが開きます

バルブの開度が大きくなるとエンジンへ空気をたくさん送れます。

 

 

このバルブが一昔前なら、ワイヤー式になっていて

アクセルを踏むと、アクセルにつながれたワイヤーが直接バルブを開く

 

と言う仕組みになってました。

 

 

 

ですが、今の車は電子制御でバルブの開度を決めています。

アクセルの踏む量を測定し、その結果からECUが最適な

開度を計算して、バルブを開きます。

一瞬、パっと踏み込んで、すぐ緩くすると

「こいつ、一瞬踏み過ぎただけやな?

燃費悪なるし、急に加速するからバルブ開度は

あまりあけんとこか」

みたいな感じです(;´・ω・)

 

 

これは、安全面や、燃費向上などのためにこのような

作りになっています。

 

 

そのためアクセルを思い切り踏み込んでも思ったように

タコメーターが立ち上がらない

 

って感じる方が、長く乗っている人ほど

多いかなーと思います。

 

 

実際僕も自分の車が電子制御スロットル(電スロ)なんですが

変なアクセルの立ち上がりをするので、いまだに

アクセルワークに気を使ってしまいます。

 

どんなんか説明すると

発進時、普段はじわじわ開けますが、少し強めに加速したい時

アクセルを5の開度で一定に踏み込みます

最初は1...2...3みたいな感じでゆっくりエンジンが

立ち上がってくると思ったらいきなり5!!!!!!!

みたいな感じです(;´・ω・)

最初遅いし、一気に上がるしなんなの!?

ってなります。。。

 

 

 

 

この違和感を最大限取ってくれるのが

スロットルコントローラー(スロコン)です!!

 

 

 

 

アクセル開度を敏感にして、ダイレクトな

アクセルレスポンスにしたり、今はエコモード

という、開度を鈍くすることで、

アクセルを踏んでもあまり加速しない(パワーを落とすのではなく

スロットルのバルブの開度を小さくする)ようにもできます。

 

 

先日、社長のブログでも、ハイエースのクルコン取付が

アップされてましたが、スロコンもついていて、実際使ってみると

アクセル操作にダイレクト感が出てかなり楽しかったです。

 

 

 

取り付ける車や商品によっては効果が薄かったり

同じアクセルの踏み込みでもいつもより空気を多く吸い込むようになる

という事は、燃費の悪化になったりしますが

個人的には運転が楽しくなる部品やなーって思いました♪

 

 

 

ではでは(=゚ω゚)ノ

真の準備運動

2018.09.27 Thursday

こんにちわ(*´▽`*)

カチョーです!!

 

 

 

 

だんだん秋も近づいてきましたねー

朝晩の温度差が激しいので

体調を壊しやすい時期に

なってきたなーと思います(・.・;)

 

 

 

 

これからどんどん寒くなります

そろそろスタッドレスタイヤの

準備もしといた方がよさそうですな♪

 

 

 

 

さてさて、温度について話したところで

皆さんは、「暖気」をしたことがありますか??

 

 

※暖気とはーエンジン始動直後に走り出さず、アイドリングで

エンジンを温めること。

 

 

僕はまだ20代で、車に乗るようになったころには

車の制御等もかなり進歩していたので

生まれてから、暖気をしたことがありません。。。

 

 

車を整備するようになり、暖気が車に良い

ということはわかってますが、車の性能が上がっているのも

知っているので、普段自分の車で暖気をしたことが

ありません。。。

 

 

 

 

正直なところ、暖気が必要かどうかは乗ってる車の

車種やこれから走る予定の走行距離によって変わります

つまり、状況次第っていう曖昧な感じですね、、、

 

 

なので暖気によるメリット、デメリット

を伝えようかなーと思います!

 

 

メリット

・エンジン停止時に落ち切ったオイルをエンジン全体に

行きわたらせることで十分な油膜を作り、エンジンを保護

・オイル関連は低温時には固く、温度が上がると

柔らかくなるためより油膜を作りやすくなる

・エンジンは既定の水温で最高の性能が出せるように

作られているため、性能を十分に引き出せる

 

ではデメリット

・アイドリング中もエンジンは動いているので

ガソリンは消費する

・アイドリングが増えると燃えカスなどが

溜まりやすくなり、エンジンの調子を低下させる

・環境的に、、、。

 

 

 

よく、アイドリングは準備運動!と

耳にします。

僕は半分正解で半分違うように

思います!

車にはエンジン以外にもグリース等が使われ

その部分も温めてあげなければなりません

 

特に足回りのブーツ類の中にはグリースを

使っている部分がたくさんあります

 

その部分を温め終わって初めて準備運動が終わった!

と思います(=゚ω゚)ノ

 

 

 

なので、暖気まではしなくても

エンジン始動直後は低回転でエンジンの負荷を減らしながら

徐々に温めていき足回りも動かしながらの走行で

車全体を準備運動をしてから

走行したいですね♪

 

 

オイル管理等も大事ですがこういう細かな

気遣いも車の長持ちに影響すると思います♪

 

 

ではでは!!

上がると困ります。(バッテリー)

2018.09.18 Tuesday

皆様、毎度です('ω')ノ

 

台風・・・物凄かったですよね〜( ノД`)

 

我々の事務所も被害ありましたが、負けじと営業しております( `ー´)ノふんすっ

 

さてさて、今回は・・・上がると困ります。って事でバッテリーについてお話おば。。。

 

バッテリーってそもそも何ぞ? 簡単に言えば・・・電池ですwww

 

ただ単なる電池と違って、繰り返し使える蓄電池に部類されます。

 

車用は、乾電池みたいな形はしていませんが車の能力に合わせた耐久性を持たせたものになっています。

 

バッテリー中身ってどうなっているのかと言うと・・・・

sp_121001densoparts01_05 バッテリー01.jpgli バッテリー02.jpg

理科の実験みたいな事をやっていますw

 

化学反応によって電気を出したり、溜め込んだりしているわけですね(*^^)

 

しかしながら、バッテリーも寿命があって使っていく内に電気が出なくなったり、

 

充電しても全然蓄えなくなってきます。(普通のバッテリーは大体2〜3年でダメになります)

 

また、駐車した時ランプ類の消し忘れ等でバッテリーの電気が全部出てしまうと、

 

うんともすんとも言わなくなります(バッテリー上がり)

 

特にランプ消し忘れでバッテリー上がりを起こすと、バッテリー自身の寿命を縮めてしまいますので

 

駐車する際は、十分にご注意くださいね〜(;´Д`)

 

 

ブンブン回ってますか?

2018.09.01 Saturday

お久しぶりです。いっしゃんです。

 

少しマシになったような気もしますが

 

まだまだ暑い日が続いています。

 

そろそろ夏の疲れが出てきそうな

 

今日この頃です。

 

 

 

さてさて今年の夏の暑さは、はクルマにも

 

かなり堪えたようです。

 

ほとんどのクルマには、.┘鵐献麥箋竸紊

 

ラジエターファン▲┘▲灰鵑離灰鵐妊鵐機璽侫.

 

が、取り付けられています。(一つのファンで兼用

 

している車種もありますが。)

 

これらはモーターで回っていて電動ファンとも

 

いわれます。

 

クルマに乗っていると、ボンネットの前辺りから

 

時々”ブーン”と音がしてると思います。

 

これが電動ファンの音です。(まあ、扇風機みたいな

 

モノなんですが・・・)

 

 

じ・つ・は・・・

 

これらのモーターが故障すると大変な事に・・・!

 

本来が電気部品なので故障しない訳では無いのですが

 

暑さの為にラジエターファンは回りっぱなし、

 

当然エアコンもフル稼働状態なのでコンデンサーファンも

 

回りっぱなし(本当は時々止まっています。)の状態。

 

こうなるとモーターに物凄く負担が掛かってきます。

 

 

コンデンサーファンが回らなくなるとエアコン(クーラー)が

 

冷えなくなってしまいます。

 

ラジエターファンに至ってはオーバーヒートの原因にも・・・。

 

少し前までは、メーターパネルに水温計がありましたが、

 

新しい車種では赤いランプがいきなり点灯するので、

 

オーバーヒートの兆候が分かりにくくなっています。

 

気が付けばエンジン終わりなんて事も。

 

 

いつもと違う感じの音(ジーとかカラカラ、その他諸々)が

 

してそうだったら一度点検してみるのもいかがでしょうか。

 

併せてバッテリーの点検もお薦めです!

協栄自動車工業所Webサイト

お問い合わせはこちら

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
new entry
category
archives
recent comment
profile
search
mobile
qrcode

RSS1.0Atom0.3

Copyright (C) KYOEI Motor Factory Corporation

(有)協栄自動車工業所