新元号!!

2019.05.18 Saturday

皆さんこんにちわ!!

カチョーです(*´▽`*)

 

 

 

令和

 

 

始まりました(^^)/

 

 

それに伴って大型連休もありました。

皆さんどのように過ごされましたか?

 

 

天候の安定しない日もありましたが、

比較的過ごしやすい気温、天候

だったなーと思いました(*'▽')

 

 

 

さてさて、最近自動車関係の痛ましい事故の

ニュースが後を絶ちません。。。

 

 

 

皆さんは踏み間違えや、

 

 

「あれ?アクセルとブレーキどっちだろ??」

 

 

と言ったことがありますか??

 

 

幸い、僕はまだないですが、年を取るにつれて

判断能力も落ちると言います。。

 

 

 

いざというときに判断を間違え

取返しのつかない事故になればおしまいです。。

 

 

 

最近の車には自動ブレーキなどの安全装置に加え

各所では、スロットル開度の調整で急発進を防止する

装置や、ペダルを改良することで踏み間違えを

なくす!というものも発売されています。

 

 

 

安全装置は必ず事故を0にする!!!!

 

 

という物ではなく、あくまでも事故を減らすものです。

 

運転に自信がなくなった時、運転中に視野が狭くなった

と感じた時、

「免許証返納」

というのが一番の安全装置になるのかもしれませんね。。

 

 

車は便利なものですが、使い方を間違えると凶器にもなります。

交通マナーを守って、安心安全に車社会で過ごせることを

願っています。

 

 

 

ではでは!!

トラブル時には・・・

2019.04.25 Thursday

JUGEMテーマ:自動車整備

この度、協栄自動車工業所に新しく入社しました協栄1年生です。

 

トラックの整備歴は少し長いです。

 

さて、初の書き込みで何を書けばよいのやらと悩むところでありますが・・・。

 

見ていただいている方々の一助になればと思い書き込んでいこうと思います。

 

日常で車を使用中に

 

「動かなくなった」

 

「おかしい音がしてきた」

 

等々の悲しい出来事があった場合

 

いつも入庫されている整備工場や

 

けん引してもらう会社等へ連絡をするかと思いますが

 

その時にお伝えいただく内容で

 

付け加えていただけると大変助かることがあります。

 

「いつ」「どこで」「どのような状態で」「どのように起きてしまったか」

 

例えると

 

「朝、自宅から出勤しようと車のエンジンをかけようと思ったらエンジンかからなかった。」

 

「高速道路を走行中に、エンジンの回転が上がってないような感じを受けてから、エンジンが止まってしまった」

 

この様な感じで専門的なことは特になくても構いません。

 

朝なのか昼なのか夜なのか

 

一般道路なのか高速道路なのか

 

それがわかるだけでも、故障個所の絞り込みに大変助かることが多々あります。

 

故障個所の絞り込みが早くできれば

 

修理にかかる時間も少なくなってきます。

 

ご連絡の際にこの記事を思い出していただければ幸いです!

バッテリー上がり! 救援の巻(ジャンピング)

2019.04.18 Thursday

皆様、毎度です(^^)/

 

随分と温かくなって、過ごしやすい季節になりましたねぇ〜

 

そして新元号まであと少し! ちょっと早いですがお正月?のような感覚がありますw

 

さてさて、今回は・・・バッテリーが上がった時の救援(ジャンピング)についてお話おば!

 

バッテリー上がりになる条件は・・・

 

.┘鵐献鵑魍櫃韻催伝品の付けっぱなし(ヘッドライト・ハザード等 特に気付きにくいのはトランクの照明。)

▲丱奪謄蝓爾修里發里亮命(古いバッテリーは電気を溜めこみにくく、空中へ放電し易くなる。)

H電機の不良(バッテリーに充電していない。)

ぞ暖馘杜オーバー(特にリヤガラスの曇取り熱線。ONにしたままだと発電機での充電が追い付かなくなる。)

 

とまあ色々な要因で起こります。

 

例外として、セキュリティー付きの車の一部で、コントロール系統の線が断線すると

 

バッテリーが空になるまでアラームが鳴りっぱなしになるモードがあったりします。

 

◆↓については要修理になりますね。

 

そんな要因でバッテリー上がり、エンジン掛からんどないしよーーー!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

 

ここで救援(ジャンピング)をするわけですが、

 

ブースターケーブルという物が必要になります。

 

mono38358984-130806-02.jpg

このケーブルで正常動く車(救援車)から、

 

電気を分けて貰う作業です。

 

使い方として救援者のエンジンを止めてから

1-2.jpg

この様につないで、エンジンが掛かれば

 

発電機も機能するので、走行出来るわけです。

 

これはあくまでも応急処置ですので、修理は必要になります(-ω-)/

 

ジャンピングでの一番注意しないといけないのは、

 

プラスとマイナスを逆につないでしまう事!!

 

もし間違ってつないでしまうとバチン!!と火花が飛んで

 

ショートしてしまいます!!最悪、車のコンピューター等が壊れてしまうので、

 

ジャンピングする時は十分注意して行う必要があります。

 

後、軽自動車・乗用車のバッテリー電圧は12V、トラック等は、バッテリー電圧が24Vなので、

 

この場合は普通につないでもダメです!! 

 

実は、私が整備業界に足を踏み入れた時つなぎ方が解からなくて

 

バチン!!とやっちゃった事があります(;´Д`) ケーブルが異常な熱で溶けちゃいましたもん( ;∀;)

 

バッテリー上がりでお困りの際は、我々スタッフにお任せ下さい!!

 

PS:今はこんなミスはしませんのでw

   

 

 

 

 

もうすぐ5月

2019.04.13 Saturday

お久しぶりです。いっしゃんです。

 

桜の見ごろも最後になってきました。

 

途中幾分寒くなったせいか桜も長く

 

見えたような気がします。

 

 

5月になればいよいよ元号改正により

 

令和となります。

 

自動車業界、何かと和暦表示がおおいです。

 

(なかなか混乱しそうな気が)

 

車検証、保険関係、登録用書類、

 

身近なところでは運転免許証もですね。

 

ただ、運転免許証の有効期限は西暦と

 

和暦の並列表記になるそうです。それ以外は

 

和暦表示のまま。

 

5月になってから新しい種類の免許を取得すると

 

取得年月日が”令和”になるそうです。

 

(かなりちっちゃいですけど!)

 

 

それではみなさま長いGWをお楽しみください。

 

こちらはこちらで混乱(混雑?)しそうですが??

まさかの切符

2019.03.20 Wednesday

皆さんこんにちわ(*´▽`*)

カチョーです!!!

 

 

 

あっという間に三月も後半に入りましたね♪

 

 

来月の終わりから10連休があります。

 

 

陸運局もその時期は締まっています。

連休前は混雑が予想されます。

車検のご予約はお早めに(^^)/

 

 

 

 

さてさて

皆さんのお車には

 

 

「三角表示板」

 

 

がありますか??

 

 

以前、発炎筒の使い方のブログを

書きましたが、発炎筒は車を購入時

についてきます。

 

というか車検に必須用品ですね♪

 

 

 

では三角板はどうなのか?

 

 

車検の時にあってもなくても

特に関係ありません。

 

 

「じゃあいらんやーん」

 

 

なんて思いますよね?

 

 

僕もそう思ってました。

 

 

 

ですが、とある運送会社さんで

三角表示板がなくて切符を切られた

という事を聞きました。

 

 

車検には通るのに切符は切られる。。。

 

 

 

もしもの事故や故障でまさかの切符を切られる。。。

 

 

 

安全のためにも、一家に一台!

 

三角表示板

 

ぜひどうぞ!

 

 

ではでは!!

スムーズに回転するのに必ず!

2019.03.07 Thursday

皆様、毎度です(^^)/

 

3月に入り日中は少し暖かくなって・・・あ、寒い日もありますね(´・ω・`)

 

しかしながら私は・・・絶賛花粉症爆裂しております( ノД`)シクシク…

 

さてさて今回は・・・スムーズに回転するのに必ず! という事で、ベアリングのお話おば(/・ω・)/

 

そもそもベアリングとは??

 

皆様も一度は触った事がある一番解りやすいグッズで・・・

 

ベアリング59218059e878b170d09652d64b034f06.jpg

ご存知ハンドスピナーですw

 

少しの力で、長ーーーいこと回りますよね?

 

この回転する真ん中に、ベアリングという物が使われています。

 

それはこんなやつです(/・ω・)/

 

ベアリングimg03.jpg

金属の輪の中に無数の球や丸い棒等が入っていて、

 

一見複雑な構造になってますが、球や棒は表面が超精密に仕上げられていて

 

摩擦による抵抗が少なく、スムーズな回転を支える部品なんです(^^)/

 

ハンドスピナーだけでなく、有りと有らゆる回転する物に使われていて、

 

勿論クルマにも沢山のベアリングが使われています。

 

用途によってメンテナンスフリーなものもありますが、

 

クルマに関しては、メンテナンスが必要なベアリングが使われていて

 

怠ると摩擦抵抗が増大、燃費が悪くなったりはたまた回転出来なくなって

 

大事故につながる場合もあります。

 

ベアリングが悪くなると、前兆が必ず伴いますので

 

おかしいな?と思ったら、すぐに点検しましょう!!!(^^)!

 

 

 

通りたくない道2

2019.02.26 Tuesday

ご無沙汰をしております。いっしゃんです。

 

前回に引き続き、山陽道上り備前付近でのアクシデントです。

 

 

暑い季節だったので多分、お盆休みの頃だと思います。

 

突然、車がガタガタと振動しだしたかと思えば

 

何と””バスン””という音と共に右後輪がロック!!

 

顔を引きつらせて、歯をくいしばりながら何とか

 

少し広い路肩まで・・・今度は何が起こった???

 

 

車から降りてよく見ると(よく見なくても分かりますが)・・・

 

右後輪のタイヤが・・・表面がめくり上がり、

 

リヤスプリングとフレームに絡みついてるではありませんか!

 

その時にサイドブレーキワイヤーも一緒に締め上げたみたいで

 

結果として高速走行中に右だけ思いっきりサイドブレーキが

 

かかってしまったのです。

 

そりゃ顔もひきつります。

 

 

何とか絡まったタイヤ(?)を外して、スペアタイヤと交換。

 

「よし、これで帰れる!」と、思ったのですが・・・

 

 

どうも車速センサーも壊れたみたいですね。

 

スピードメーター動かない、オーバードライブ使えない、

 

仕方がないので高速下りて一般道で大阪まで・・・。

 

 

時間はかかりましたが、途中須磨の辺りで花火が見えました。

 

 

 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます♪

2019.01.07 Monday

明けましておめでとうございます。
昨年中は格別のご用命を賜り厚く御礼申し上げます。
本年もよろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。

皆様、年末年始はどのように過ごされましたか??

家でまった〜り過ごした方も居れば、愛車で激走された方もいらっしゃると思います(*´▽`*)
弊社は12/30〜1/6までお休みを頂きましたが1/7から営業を開始していますので

お車に何かあれば、ぜひご連絡ください♪


ではでは、先ほども申し上げましたが、本年もなにとぞよろしくお願い致します。

 

 

協栄スタッフ 一同

 

 

 

 

では本日のブログを更新します!

 

こんにちわ(*´▽`*)

カチョーです!!

 

 

皆さん年末年始はお出かけしましたか?

お出かけで車を使われた方。

 

当店は本日より通常営業ですので

気軽にご連絡ください♪

 

 

 

今日書く内容は、豆知識でも小ネタでも

何でもなく、ただただカチョーの車の

現在の状況をお伝えしようかなー

ってブログです。

 

 

 

以前にブログで車高調を付けてると話しました。

ほんとはダメなのですがどうしてもリヤの

車高が下がりきらなかった為、ショックの全長を

短くして無理やり下げてたわけです。

 

 

 

ショックはノーマルでダウンサス入れてる。

だからショックの長さが合わないよー

の逆のようなことが起きてました

 

 

そうです。

車高調の意味が全くないです(笑)

 

 

 

ということで、年末年始は人がぎょーさん乗るんで

年末に急いで前後のばね交換しました(*'▽')

 

 

後ろの話やのになんで前も??

 

って思いました??

 

実はばねが柔らかすぎて車が跳ねたときに

タイヤがガシガシ当たるんです(-_-;)

 

後ろもフルバンプさせるとタイヤハウスにめり込む、、、

 

 

 

ということでリフレッシュとしては二つ

 

 

1.フロントの車高は下げ幅に余裕があったので

           長さは変えずに固く

2.リヤは車高も下がってないし柔らかいので

           長さは短く、固く

 

 

ということをしました。

 

 

 

 

結果。

 

 

ショックの底付きはなくなりました。

でも固くなった分、通常走行だとどうしても

しんどいなーという印象です!!

 

同乗者の話では

 

以前より底付きがなくなった分

乗りやすくなった

ごとごとする!

等に分かれました

 

 

足回りは奥が深いですね〜

 

 

ヘルパースプリングとなるものも試してみたり

タイヤをインチダウンしたり

ばねもう1セット新調したり

そもそもショックを変えてみたり

やってみたいことは山ほどあります(´∀`*)ウフフ

 

 

快適お買い物カーを目指して日々頭を悩ませ続けます♪

 

 

ではでは!!!

 

 

 

車速センサーって?

2018.12.05 Wednesday

皆様、毎度です('◇')ゞ

 

2018年12月・・・ 平成最後の12月ですね〜

 

気温差がとても激しく、体がびっくりしてます(私個人の感想は・・・暑いです(-_-;))

 

さてさて今回は、車速センサーって? 車の車速センサーについてお話おば(/・ω・)/

 

車速センサーとは、文字通り車の速度を電気信号に変えるセンサーです。

TS3K0019-1 ホイールセンサー.jpg

原理としては・・・

image20070801 パルスセンサー.jpg

一定の距離に永久磁石を置いて、歯車を近づけて回すと

 

歯車の山と谷を通過する時、磁界が変化続けます。

 

そこに銅線を巻いた筒(コイル)と金属の棒を歯車と磁石の間に置いて回すと、

 

電気が発生します。(誘導起電力)

 

この発生した電気は、ON/OFFを繰り返した信号として出てくるわけです。

 

ON/OFFの信号の速さをコンピューターが演算して、速度として出力しています。

 

車にはスピードメーター用とABS用とあり、スピードメーター用は変速機部から、

 

ABS用は各車輪にセンサーがあり、それぞれ車輪の回転速度を検知しています。

 

よほどの事では故障しませんが、異常あった場合は異常メッセージがメーターに

 

表示されますので、その際はお早目の点検・修理をしましょう!!(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通りたくない道

2018.11.14 Wednesday

ご無沙汰をしております。いっしゃんです。

 

長い間車に乗ってると色々な事がありますよね。

 

それも楽しい事ばかりなら良いのですが、そうとばかりには

 

なかなかいきません。

 

 

この道、できたら通りたくない!

 

以前に怖い思いをしたとかの理由であまり通りたくない道とかって

 

無いですか?

 

私、実は山陽道の備前付近と相性(?)が良くないらしく

 

二度ほど怖い目に遭いました。

 

それも何故か大阪方面に向いて走っている時、しかも必ず僕の実家(徳島県)を

 

出て瀬戸大橋を渡って嫁さんの祖父母宅(倉敷市)に立ち寄るルートを取った時、

 

なおかつ嫁さんが助手席に乗っている時でした。

 

 

一度目は・・・

 

 

雨降りの夕方、倉敷を出発し大阪へと家路を急いでいました。

 

ただ一週間ほど前から”チリチリ”という小さな音が気になってはいたのですが

 

これといった異常も見当たらず、何か悶々とした気分で運転していました。

 

そしてもうすぐ備前ICという辺りで・・・

 

いきなりハンドルがドンと重くなりメーターパネルのランプが点灯!!!

 

そうです、なんと高速道路走行中にエンジンストップしてしまいました。

 

雨降りとはいえ、そこそこのスピードは出ていました。(ナイショ)

 

歯を食いしばりながら必死でブレーキをかけながら(全然止まらないですけど)

 

何とか路肩の広い所まで・・・。

 

しかしエンジン再始動せず。かかる気配もない!!

 

仕方が無いので車を診ていると、何か漏れてる気が?

 

冷却水でした。オーバーヒートはさせてないし・・・???

 

最初、何が何だか分かりませんでした。

 

 

どうもウォーターポンプが焼き付いてタイミングベルトが切れた模様(トヨタの

 

3SなのでW/Pはタイベルで駆動)。そりゃエンジンかかりません!

 

あの”チリチリ音はW/Pの音だったのです。

 

 

にっちもさっちもいかずJAFのお世話に。その後岡山から新幹線での帰宅となりました。

 

「二度とあんな道走るか」と、誓った日でした。

 

 

二度目の恐怖はまた次回

 

 

 

 

 

協栄自動車工業所Webサイト

お問い合わせはこちら

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
new entry
category
archives
recent comment
profile
search
mobile
qrcode

RSS1.0Atom0.3

Copyright (C) KYOEI Motor Factory Corporation

(有)協栄自動車工業所