いつもより余計に回っております。(ラジエターファン)

2018.08.09 Thursday

皆様毎度です(^^)/

 

何処へ行っても暑い・・・猛暑、酷暑と言われてましたが、さらに今年は炎暑という言葉が出るくらい

 

暑さですねぇ(-_-;) 皆様も熱中症にはくれぐれもお気を付け下さいませ!

 

さてさて今回は・・・いつもより余計に回って(ry ラジエターファンについてお話おば☆

 

エンジンが動いている、つまり燃料を燃焼させている状態・・・当然かなりの熱を発しています。

 

そのままだと熱でオーバーヒートしてしまうので、冷却装置が設けられています。

 

殆どの車やバイクは、水を媒介(水冷式)の装置が設けられていて、

 

必ず熱交換器、所謂ラジエターが装着されています(走行している車はぱっと見判りませんがw)

 

走行している時は、走っている時に当たる風(走行風)を取り込んでラジエターから外へ熱を

 

逃がすわけですが、停車時(アイドリング状態)では、風が当たらない為、

 

ラジエター内の水の温度が一定になると、こいつが回りますw

p1 ファン.jpg

 

特に今の時期、炎暑な季節は外気温が高い為、ほぼ回りっぱなしになります。

 

あ、高負荷(エンジンパワーを使う走行等)でも走行風だけでは追い付かないので、

 

ファンが頑張って回りますw

 

車種によっては、エアコンの室外機(コンデンサー)が隣接しててエアコン作動時にも回る

 

物もあります。

 

この時期は、間だけでなく車も暑いみたいで、ラジエターファンの故障が結構多いので、

 

おかしいな?と思ったら、無理をせず点検を〜(@^^)/~~~

 

 

 

 

 

 

 

クリーンでパワフルな・・(前回の続き)

2018.06.06 Wednesday

皆様、毎度です('ω')ノ

 

とうとう梅雨入りしましたね〜☂☂☂

 

じめじめぐだぐだなる季節ですが、頑張りまっしょい(^^)/♪

 

さてさて、前回の続きでございます!

 

ディーゼルエンジンでのあの黒い排気ガスの正体は・・・

 

s-IMG_9645 煤.jpg

 

こいつです! この黒いのが煙となって出ている訳です。

 

文字通り燃えカス、煤(すす)というやつです。。。

 

煙突掃除とかに出てくる黒いやつもそうですw

 

DPF付きディーゼルエンジンは、この煤をろ過して

 

出来るだけ大気中に放出しないようにしているのです。

 

ある程度DPFで煤をろ過すると、詰まってしまうので

 

エンジンを使って溜まった煤を燃焼させる機能も

 

今のディーゼルエンジンには搭載されています。

 

パワー面では、一昔のディーゼルエンジンなら排気量(2t車なら4.8〜5.0Lぐらい)で決まっていたのですが

 

現在のディーゼルエンジンは2.2〜3.0Lが多くなっています。(大型トラックは別格ですw)

 

小排気量で、圧縮比や燃焼室の形状最適化、過給機(ターボ)の高効率化によって、

 

昔のディーゼルよりかなり高性能になっています。

 

しかも燃焼効率を上げる事によって、Noxや煤を最初から抑えるエンジンであります!!!

 

いやぁ〜現代の技術ってほんましゅごいですね〜(*´▽`*)

 

 

 

 

 

ベルト交換なんて切れてからじゃあかんの??

2018.05.24 Thursday

こんにちわ(*´▽`*)

カチョーです!!

 

 

 

次の連休は何をしようか

 

と考えることが生きがいの

カチョーでございます♪

 

当店にご来店の際は是非

お客様のGWの思い出話を

お聞かせ下さい(^^)/

 

お礼といたしまして、、

 

 

もれなく、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

カチョーのエンジェルスマイル

を差し上げます( *´艸`)

 

(いらねーよ!!!!)

 

 

 

 

ということで本題に入りましょ♪

 

皆さんも車検に出された際

 

”ベルト"

 

を交換されたことがあると思います。

 

 

ではここで、、

自動車で使うベルトは、一体何のために

ついているのだろう(;´Д`)

 

 

 

 

ちちちちちちちちちち、、、(時計の音)

 

 

 

 

はい!時間です(^^)/(クイズだったの!?)

 

 

 

 

ではベルトが動かしているものを

上げていきます♪

 

 

・コンプレッサー

エアコンで風を冷やすための空気を圧縮

するためについてます

 

・オルタネーター

いわゆる発電機です

回転運動で得たエネルギーを

電気に変えることでバッテリーを

充電していきます

 

・パワステ

パワーステアリングです

これのおかげでいとも簡単に

ハンドル操作ができます

 

・ウォーターポンプ

冷却水を吸い上げるポンプみたいなやつです

機能を失うと冷却水が循環せず暑い水が

エンジンに残りオーバーヒートします

 

 

エンジンの回転で生じる回転運動のエネルギーを

ベルトを使い様々なことに上手く利用しているというわけです。

 

他にもありますが、主にはこのような感じです。

 

 

ではベルトが切れるとどうなるか。。

 

クーラーが効かず、バッテリーも充電されないので

電力ダウン。ハンドルはめちゃ重くなるわ

水温計が振り切ってしまうわ、、、

 

 

これだけのことが一気に起こります

 

 

そして起こってしまえばどうもできません。。

 

自走不可能と考えてください

 

 

こうならないためにもベルトの交換は

早めにしておくことがいいのです(*'▽')

 

 

ではどう判断するのか。。

 

触診による、ヒビ、劣化、たわみ。。。

 

分からないですよね、、、

 

 

一番一般的なのは

 

「エンジンをかけたときに

きーーーー

みたいな

きゅるきゅる

みたいな高い音が鳴る」

 

っていうのです。

 

もしこの症状に心当たりがある方は

点検にお越しください

そのほか、不安な場合は気軽に

お越しください(^^)/

 

 

 

最後に、、、、

 

今の車はベルトが無いのも

あるんですよ、、、、

 

技術の進歩ってすごいですね♪

 

 

 

ではでは!!

クリーンでパワフルな・・!

2018.05.17 Thursday

皆様、毎度です嬉しい

 

梅雨前だと言うのに夏並みの暑さ・・・ 結構応えますよね〜しょんぼりしょんぼりしょんぼり

 

さてさて今回は・・・・

 

クリーンでパワフルな・・・ ブルーテックエンジンについてお話おば見る

 

そもそもブルーテックエンジンってどんなのん?

 

正確には、尿素SCRシステム付ディーゼルエンジンの事です。

 

CANTERZ4 エンジン.jpg

 

昔のディーゼルエンジンは、皆さんもご存知だと思いますけど

 

ガラガラうるさい、モタモタする、黒い排気ガスもくもく〜と

 

あまり良いイメージではないですよね。。

 

一番重要なのは、黒い排気ガス・・・これが曲者で。

 

窒素酸化物(通称NOx)と煤(PM)という有害物質がドバドバっと排出されているわけです。

 

NOx・PM法という法律で、これらの有害物質の排出規制が定められ大半のディーゼル車が、

 

使用出来なくなりました。

 

それから技術が進み、ブルーテックエンジンが出来たわけです。

 

この仕組みは火力発電の排出ガス処理方法からの応用で、

 

有害物質を含んだ排気ガスにアンモニアを噴射して、化学反応で無害なガスに還元するシステムです。

 

さすがにアンモニアを車に積むわけにはいかないので(刺激物ですのでw)

 

尿素(アドブルー)というものを使って、排気管の中でアンモニアガスを発生させて還元します。

 

化学式で言うと (アンモニア)NH3+(窒素酸化物)NOx→ (窒素)N2・(水)H2O

 

となるわけです。

 

煤(PM)とパワフルな・・・に関しては、

 

次回のブログにてw

 

・・・To be continue

 

 

 

 

 

 

 

ネットサーフィンを楽しんでたら恐怖な書き込み

2018.03.14 Wednesday

こんにちわ(*´▽`*)

カチョーです!!

 

 

 

 

今週に入り寒さがかなり落ち着き

外出日和だなー(*'▽')

と感じてます♪

 

来週は旅行に行くので

週末は最近サボっていた

洗車でもしようかな、、

 

と考えています( *´艸`)

 

 

 

 

さてさて、先日までの寒さのせいで

引きこもりがちだったカチョーですが

引きこもりながらTwiterという現代人の

ツールを眺めていました(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

すると、、、

 

 

 

 

 

「女性の方は軽自動車だから軽油を入れるもの!!」

 

 

 

と勘違いされてることが結構あるとの事、、

 

 

 

確かに"軽"油ですもんね、、

 

 

 

これは女性だけでなく、

普段普通車に乗っている方でも

知らない場合があると思っています。。

 

 

 

 

一般的に取れたての原油から気化させて

沸点の違いで細かく原油やガソリン、灯油などに

わかれます

 

 

 

もとは同じものです。

 

 

 

ですが原油とガソリンでは性質がまるで違います。

 

 

 

 

軽油→ディーゼルエンジン車

ガソリン→普通のエンジン

 

 

とざっくりとこんな感じでエンジンの種類で

使うガソリンが変わるという事です。

 

 

 

前回のまいどのおっさんの記事に

絡めて書くとこんな感じですね♪

 

 

 

ガソリンはガソリンで

レギュラーとハイオク

があります。

 

 

わからなければ相談に来てください♪

 

 

 

 

ちなみにレギュラーとハイオクの違いは

オクタン価と呼ばれる数値の違いなんです(^^)/

 

 

 

 

まぁまぁ詳しく聞きたい方、気になる方は

ネットサーf。。。

 

 

是非協栄自動車めでおいで下さいな♪

 

 

 

ではでは!!

エンジンのお仕事って?

2018.03.07 Wednesday

皆様、毎度です男グッド

 

あったかくなったと思えば急に冷え込んだりとこの時期の気温はちょっと安定しませんね〜しょんぼりしょんぼりしょんぼり

 

温度差で体がおかしくなりそうです悲しい悲しい悲しい

 

さてさて、今回は・・・エンジンのお仕事って事で、チェックON見る見る見る

 

ガソリンエンジンやディーゼルエンジンは始動している時、

 

吸入→圧縮→燃焼→排気 このサイクルで動いています。

 

<ガソリンエンジン>

b59da694e8794a90214e1c1ceb0a3dae-1024x411 行程2.jpg

<ディーゼルエンジン>

engine002 行程.gif

結構単純な動作ですけど、実際はアイドリング状態で1分間に700回から1000回、

 

走行中は1分間に3000〜6000回このサイクルを繰り返してるんです!!

 

バイクのエンジンやF-1のエンジン等は、1分間に10000回以上回ったりしますびっくりびっくりびっくり

 

こんな状況で動いてる時に、ぽんって部品が壊れた・・・っとなると

 

ああ、世にも恐ろしいですね〜冷や汗冷や汗冷や汗

 

予期せぬトラブルを未然に防ぐ為にも、エンジンオイル等しっかり点検、整備する事

 

運転する前の簡単な日常チェックを行いましょう!!!楽しい拍手拍手

 

 

 

 

息を吸い込みます(*'▽')

2018.02.21 Wednesday

こんにちわ(*´▽`*)

カチョーです!!

 

 

最近マイカーの車高とショックの長さに

不満を感じてる今日この頃です( ゚Д゚)

がたがたごとごとが酷くて、、、

また調整しなおさないとですね(;´・ω・)

 

 

では、、

本日のテーマはずばり!!

 

「エアクリーナーフィルター」

 

です♪

 

 

冒頭で足回りのことを話して

またこいつ足回りのこと書くんかよ、、

って思わせてからのエンジン関係です(*'▽')

 

 

 

なんでこれについて書こうと思ったかと言うと、、

最近工場にマフラーがいっぱいあって

そこからの派生ですかね??(・.・;)

 

 

 

エンジンを動かすにはガソリンだけでは

ダメなんです!!

ガソリンと空気の混合気を

圧縮と点火によって爆発させることで

エンジンが動きます♪

 

ディーゼル車も爆発の仕組みに違いがありますが

空気が大事なことは同じです(^^)/

 

 

 

ここで何でもかんでも空気を吸い込むと

空気中に混じったゴミや粉塵が

ピストンやシリンダーを傷つける為

空気吸入入り口付近に

エアクリーナーフィルター(表現はいろいろあります)が

取り付けられて、吸入空気のゴミなどを取ります

 

 

このエアクリーナーフィルター(以下エアクリ)

を目の粗い物に取り換えるとどうなるでしょう、、( *´艸`)

 

 

まずメリットです♪

・吸気抵抗が減ることでレスポンスの向上

・高回転域でのトルクが増える

・吸気音がかっこよくなる!

 

 

ですがデメリットもあります、、

・目が粗いので粉塵も吸いやすくなるので

エンジン寿命の低下

・低速トルクが弱くなる

 

 

 

うーーーん、、、

純正のエアクリは車のパワーバランスや燃費を考えて

バランスよく設計されている感じですね。

使用環境や好みによるという事です(*^_^*)

僕はレースをするわけではなく、普通に使うだけなので

純正エアクリを使ってます。

 

 

 

 

エアコンのフィルターと同じように清掃は可能です

ですが、やはり汚れはどんどん溜まっていくので

定期的な交換をお薦めします(=゚ω゚)ノ

 

 

エアクリが汚れていくとどうなるか。

・十分な空気が吸入できずパワー低下、レスポンス悪化

・空気が吸えないので最悪エンジンがかからなかったりエンスト

・O2センサの故障

 

等があげられます。

 

 

 

今の車は、空気の吸入量をセンサで感知して、

それに見合った燃料を噴出するので、

エアクリがちょっと詰まったから、すぐエンスト

などの症状は見られないです。

 

 

ですが、放っておくとO2センサが壊れて

余計なお金がかかったりします。。。

 

そうならないためにも定期的な点検、清掃、交換

は必要ですね(;´Д`)

 

 

エアクリ最近変えてないや、

と言う方や

変えてから結構走ってんけどいけるかな?

って方は是非お持ち込み下さい♪

 

 

 

吸入と言えば排気!

次回はマフラーについて書きますか♪

 

 

 

 

ではでは!!

WAKO'S RECSについて

2017.11.25 Saturday

こんにちわ(*´▽`*)

カチョーです!!

 

 

 

前回の記事で紹介させていただきました

 

「WAKO'S RECS」

 

よく、ご存知の方もいらっしゃると思いますが

初めて聞いたなーという方もいらっしゃると

思います♪

 

 

 

では、この商品、どのような効果があるのかというと、、

 

 

 

「高性能清浄剤の清浄効果により、インテークマニホールド・吸気バルブからピストンヘッド・シリンダーヘッド、さらに排気バルブまで短時間で洗浄し、燃焼状態を改善させます。」

 

(和光ケミカル公式ホームページより)

 

 

 

 

 

 

つまり、エンジンの洗浄を行うということですね♪

 

 

 

エンジンの状態は、空気の流入量でも大きく変わってきます。

 

吸排気系がつまり気味になれば、空気が薄くなり

燃焼状態も悪くなり、加速時のもたつきや、

アイドリング不調、O2センサの故障等につながります。。。

 

その結果燃費も悪くなり、お財布にもダメージ、、、

 

 

 

今回、この「WAKO'S RECS」をおすすめするのは

実際にカチョーが使ってみて効果を実感できたからです。

 

 

 

年式、走行距離、使用環境によって効果は個体差があります

ディーゼル車や一部ハイブリッド車に使用できない場合もあります

ですが、気になる方は、是非一度ご相談ください♪

スーパーなあれです。

2017.11.16 Thursday

皆様毎度です嬉しいグッド

 

めっきり寒くなりましたね〜寒い

 

冷える日はアツアツお鍋と焼酎湯割りが欲しくなるワタクシですときめき

 

さてさて、今回は・・・ スーパーなあれと題して、もう一つの過給システム

 

スーパーチャージャーについてお話おば見る

 

以前、ターボについて書かせて頂きましたが、ちょろっとおさらい。

 

ターボチャージャーは、排気ガスの圧力を利用して圧縮空気を強制的にエンジンに取り込んで

 

出力をあげる装置です。

 

しかしながら、ターボの場合は排気ガスの圧力が一定の域に達しないと過給が始まらないという

 

欠点があります。(ターボラグといいます。)

 

そこで、エンジン極低回転から過給するシステムスーパーチャージャー”の出番です!!

 

画像的なサムシング( `ー´)ノ

スーパーチャージャー.pngスーパーチャージャー02.jpg

エンジンの力をベルトを介して回転させ過給するわけです。

 

ターボより低い回転域からパワーが出せるので、ゼロからの加速はスーパーチャージャーの方が安定して

 

出力を得られます。

 

欠点としては、ターボより部品点数が多い為重量増加、機械的に駆動させているので運動エネルギー損失が大きい、

 

高回転域では負荷がかかる・・・ってとこですかねしょんぼり

 

最近では、ターボとスーパーチャージャー両方搭載している車種もあります。

 

たまにはホットな車に乗りたいなと思う今日この頃です楽しい拍手

 

いざ、メンテナンスへ!!!

2017.11.01 Wednesday

こんにちわ(*´▽`*)

カチョーです!!

 

 

そろそろ紅葉がきれいな季節ですね♪

皆さんは、どこか見に行かれるんでしょうか??

 

 

台風も来たりと毎週末大変ですが

たまには羽を伸ばしてお出かけしましょう♪

 

 

お車で行くよー!

 

って方、点検の方は大丈夫ですか??

普段と違う違和感を感じたら

早めの整備を心がけましょう(・ω・)ノ

 

 

 

 

 

さてさて、

 

前回の記事で、カチョー号が不調です

 

という内容を書きました。

 

 

症状を書くと

 

・停止中にエアコンを入れると振動(車内まで伝わる)

 

・アイドリングでエアコンを入れるとアイドリングやや不安定

 

 

以上から考えられるのは、、、

 

ということで、清掃修理した結果を先にお伝えします

 

 

 

運転しにくい、、

 

 

 

 

 

これは悪い意味じゃありません。

 

いい意味で!です(*´▽`*)

 

 

では、どんなことをしたのか、、

 

ずばり、、

 

 

吸気系の清掃!!!!!

 

です♪

 

 

エアコンと吸気系って関係あるの??

って思った方のために簡単に、、

 

エアコンを入れるとコンプレッサが動きます

コンプレッサはエンジンの回転を利用して

ベルトで動きます

 

コンプレッサが動くとエンジンに負荷がかかるので

エンジンが回転数をあげて対応します

 

 

この時、カチョー号は、回転数を

上げたいけど吸気系の詰まりの

せいで思うように空気が吸えず

アイドリングが不安定になったと

考えました。。。

 

 

 

アクセルを踏むと吸入空気量が増えるので

振動が減るということも納得納得。。。

 

 

そして、吸気系の清掃はまず

アクセルの踏み具合に応じて

空気の流入量を調整する

 

「スロットルバルブ」

 

から行います。

 

 

 

結構汚れてますね、、

 

 

ここの清掃でもアイドリングの落ち着き、

加速の滑らかさを実感することができましたが

 

 

 

だがしかし!カチョーはさらにたたみかけます!!!!

 

 

「WAKO'S RECS」

 

 

知る人ぞ知るWAKO'S製の清掃添加剤!!!

 

 

これでカチョー号の吸気系は完全に復活しました!!!

 

 

 

スロットルバルブを清掃していたので

効果は薄いと考えてたカチョーは度肝を

抜かれました。

 

 

 

まず、アイドリングが非常に安定しています。

 

そして走り出します。

というか、アクセルを踏んですぐ

実感しました

 

 

「え?なんか速い。。。(;´∀`)」

 

 

今まで50km/hまで加速するのに

踏み込んだアクセルが

今までの半分程の開度で

十分持っていけます。。

 

 

今までの感覚では正直踏みすぎて、、、

 

 

 

 

そういう意味での「運転しにくい」です!!

 

 

電子スロットルやから加速もたつくなー

 

で諦めていたんですがビックリです( *´艸`)

 

 

確かに電子スロットで踏んだ瞬間の

レスポンスは正直鈍いですが、走りだしてからの

加速が圧倒的によくなりました!!!

 

 

気になる燃費ですが、、、

 

すいません。。。

 

 

テンション上がりすぎてガソリンなくなる前に

記事にしちゃいました(笑)

 

このあと、ヒューエルワンとエンジンオイル交換で

完全清掃をしたいと思います!!!!

 

 

 

以前から問い合わせのあった

WAKO'SさんのRECSですが

実際に使ってみてビックリしました。

今まで乗ってた車じゃないような

エンジンになりました

 

 

使用されているお車の

年式、走行距離、使用状況

によって効果は変わりますが

皆さんにお勧めできる商品です!!!

(ディーゼル車、一部ハイブリッド車にはご使用できませんので

ご了承ください)

 

 

ガソリン車に乗っていて

 

新車時よりなんか加速鈍いな、

 

とか

 

停止中なんかエンストしそうになる

 

等の症状が出てきている方は

必見です。

 

 

 

ちなみにカチョー号のデータ

走行距離→57,194km

年式→H18.9月(12年目)

使用状況→ほとんど街乗り、アイドリング多め

 

です

 

使用時の状況等はインスタの方でアップしています!

 

気になった方は是非一度ご相談ください!!!!

協栄自動車工業所Webサイト

お問い合わせはこちら

calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
new entry
category
archives
recent comment
profile
search
mobile
qrcode

RSS1.0Atom0.3

Copyright (C) KYOEI Motor Factory Corporation

(有)協栄自動車工業所