平成2年式 ばんどー

2017.07.26 Wednesday

 

 

 

みなさんどうもこんにちはkyuばんどーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は車の『年式』についてお話をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんは愛車の年式はご存知でしょうか?

 

 

 

 

意外とお車の情報をお伺いするときに

 

 

 

 

年式いつだっけなぁとなるお客様もおられますニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかにクルマの誕生日を毎年祝うわけではないですし、中古で買ったお車だと買った年は覚えていても

 

 

 

 

なかなか年式までは・・・なんて方も多いはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんはそもそも年式って何のことだかご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのモデルの車が発表された年?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それとも製造された年?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めに登録された年?

 

 

 

 

 

 

そんな疑問があってもおかしくないはずです('ω')

 



それでは実際に車検証を見てみましょうkyu

 

車検証を見てみると年式と言う項目は見当たりません。

実はい僚蘚拇佻診月(軽自動車は初年度検査年月)がいわゆる年式になります。

 

これはあくまで日本での話ですが実際に運輸支局で登録(検査)を受けてナンバープレートを交付されて

始めて使用してもいい状態になった年という事です(^^♪

 

 

新車の場合は購入した時と一致しますが、中古車の場合は最初のオーナーが新車で購入した時です('ω')

 

しかし並行輸入車などは日本にやってきて登録を受けた年になりますので

外国で使用していた年はカウントされないという例外もあります(´・ω・`)

 

 

また、年式によって車の税金も変わるのはご存じでしょうか?

 

この理由は高年式の車は環境負荷が大きいと考えられているからです。国土交通省ではグリーン化と呼んでいて

具体的には自動車税でガソリン車13年ディーゼル車11年を超える車は

普通車15%軽自動車20%ほど重課されるみたいです( ;∀;)

車検時に支払う重量税も13年越え18年越えの二段階で重課があるそうです。

 

税金の上がるタイミングで愛車を手放す方も多いみたいですが

愛車を長く大切に乗るのももちろんエコですので賛否両論あると思いますゆう★

 

 

この機会に愛車の年式と重課税確認してみてはいかがでしょうかあひょうパンダ

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

協栄自動車工業所Webサイト

お問い合わせはこちら

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
new entry
category
archives
recent comment
profile
search
mobile
qrcode

RSS1.0Atom0.3

Copyright (C) KYOEI Motor Factory Corporation

(有)協栄自動車工業所