クリーンでパワフルな・・!

2018.05.17 Thursday

皆様、毎度です嬉しい

 

梅雨前だと言うのに夏並みの暑さ・・・ 結構応えますよね〜しょんぼりしょんぼりしょんぼり

 

さてさて今回は・・・・

 

クリーンでパワフルな・・・ ブルーテックエンジンについてお話おば見る

 

そもそもブルーテックエンジンってどんなのん?

 

正確には、尿素SCRシステム付ディーゼルエンジンの事です。

 

CANTERZ4 エンジン.jpg

 

昔のディーゼルエンジンは、皆さんもご存知だと思いますけど

 

ガラガラうるさい、モタモタする、黒い排気ガスもくもく〜と

 

あまり良いイメージではないですよね。。

 

一番重要なのは、黒い排気ガス・・・これが曲者で。

 

窒素酸化物(通称NOx)と煤(PM)という有害物質がドバドバっと排出されているわけです。

 

NOx・PM法という法律で、これらの有害物質の排出規制が定められ大半のディーゼル車が、

 

使用出来なくなりました。

 

それから技術が進み、ブルーテックエンジンが出来たわけです。

 

この仕組みは火力発電の排出ガス処理方法からの応用で、

 

有害物質を含んだ排気ガスにアンモニアを噴射して、化学反応で無害なガスに還元するシステムです。

 

さすがにアンモニアを車に積むわけにはいかないので(刺激物ですのでw)

 

尿素(アドブルー)というものを使って、排気管の中でアンモニアガスを発生させて還元します。

 

化学式で言うと (アンモニア)NH3+(窒素酸化物)NOx→ (窒素)N2・(水)H2O

 

となるわけです。

 

煤(PM)とパワフルな・・・に関しては、

 

次回のブログにてw

 

・・・To be continue

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

協栄自動車工業所Webサイト

お問い合わせはこちら

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
new entry
category
archives
recent comment
profile
search
mobile
qrcode

RSS1.0Atom0.3

Copyright (C) KYOEI Motor Factory Corporation

(有)協栄自動車工業所