オートマチックオイルについて

2009.08.19 Wednesday
 さてさて、今回はエンジンの事からちょっと離れて
動力伝達装置の中でオートマチックオイルについて
カキコします^^

昔は殆どの車がマニュアル車でしたが、オートマチック車が開発され
急激にその台数が増え、現在ではほぼ9割の車がオートマチック車・・・
マニュアル車なんて化石(言い過ぎ?w)に近い存在ですよね^^;

マニュアル車の場合、クラッチ操作やシフトチェンジ等の操作が必要で、
オートマチック車はレンジを入れ替えるだけで後はクラッチ操作や
シフト操作を自動的に行うのは皆さんもご存知だと思います。

オートマチックオイル(ATF)は、おおまかに3つの役目があり
クラッチ動作(流体クラッチ)、自動的にシフトチェンジを行う際の各機構への伝達(作動油)
と、各機構から発生した熱を吸収する(冷却)働きがあります。

このオイルは意外と過酷な状況下で使用されているオイルなんですよ|`・ω・)ノ
当然の事ながら、オイルなので使い続ければ劣化してきます。
走行していて変速のショックが大きくなったり、加速がもたつく等の症状が
出ているようでしたらオートマチックオイルの量や汚れをチェックをお勧めします。

当社では、オートマチックオイル交換の最新設備を完備しておりますので、
お気軽にご相談くださいませ〜^^








コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

協栄自動車工業所Webサイト

お問い合わせはこちら

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
new entry
category
archives
recent comment
profile
search
mobile
qrcode

RSS1.0Atom0.3

Copyright (C) KYOEI Motor Factory Corporation

(有)協栄自動車工業所